表紙としおりができるまで

●2010年版の反省点から(デザイナー視点での)

1年前に2010年版を発売してしばらく経った頃、
ふたりで渋谷のカフェで別件の打ち合わせをしつつ、
反省会をしていたとき、横山さんが「色が多すぎた・・・」とおっしゃいました。

「色が? と、言いますと?」と聞いてみたら、
中面の文字の色、見返しの色、そしてブックマークバンドのゴムの色と
微妙に違う緑色がいろいろあるのが、ちょっとtoo muchに感じる、
みたいなことでした。

さすがデザイナーさん・・・。
わたしが字面や文字の並びをやたら気にするようなものか。


なので、来年(2011年版)は色を絞りたい(限定したい)、ということでした。


そして2011年版。

まず、中面はすべて1色。
濃いチャコールグレーです。
色校を見て、なにやら微調整されてました。
さすがデザイナーさん・・・。(「どうですか?」と聞かれて、違和感ゼロだったわたし)

表紙とブックマークバンドのデザインが決まって、
色校を取り、配色を決定したら、これに合わせて見返しの色や
ブックマークバンドのゴムの色、金具の色を決めました。

と、1行で書くとすぐ決まったみたいに見えるかもしれませんが、
紙を決めるだけで1回打ち合わせとかなので、
なかなか大変なのです。楽しいですけどね、キモですから。

確か、ここまで全部決めるのに2ヶ月くらいかかってます。
制作期間の、ほぼ最初から最後までですね。
全部決まったのは入稿直前です。

まあでも、本体の中面の紙から選んだ去年に比べたら、
これでもずーいぶんマシなのです。

デザインなどが決まったら、色校(いろこう)を取ります。
色校というのは、本番で使う紙に印刷して発色をチェックするものです。
色校は、結構お金がかかるので見ない人もいるんですが、やはり取ると全然違います。


   

左から、A案、B案、C案、D案。
データ上の最有力候補は、A案で、D案はこの時点ではノーマークでした。

が、実際上がってきたものをしおりの色校と合わせてみたら、
A案やB案は、なんだか重過ぎる印象でD案が一番いい。
他のだと、しおりとけんかしてしまうんですね。


ということで、D案が採用に。
(しかしここで「2011」が「2010」になっていることに気づいて修正。
 気づいて良かったー・・・。危ないところでした)

他にも、文字の色を付けたりテストしていたんですが、これが意外にきれいで、
表紙の中央の文字に色を乗せました。
色校は柿茶で取ったのですが、別案で入れていたブルーのほうがきれいだったので
再度下克上。わかんないもんですね。

ということで、これが最終です。


中央の文字の色は、セルリアンブルーって感じです。

デザインは好みが分かれる部分だと思いますが、気に入っていただけたらうれしいです。


ヨガダイアリー2011 ご注文はこちら! 
ご注文はこちら

ページのトップへ▲

商品について
商品ラインナップ
ヨガダイアリーの仕様
ヨガダイアリーの内容
制作メンバーと、ご協力いただいた皆様
よくある質問
購入方法
5冊以上のご注文
卸販売のご案内
販売店のご案内
ご注文はこちら
中身について
表紙
年間カレンダー&予定表
月間カレンダー
週間ダイアリー
こよみの情報
ヨガのための英会話
情報メモページ
クラスのことを書くページ
表紙としおりができるまで
コストダウンへの道
特製ブックマークバンド
その他
販売者プロフィール
お客様からの感想
震災で被災されたお客様へ
メディア掲載
「MISTY」でご紹介いただきました
特典
購入特典

Yahoo! Japanへ
 
Yahoo! Japan掲載サイトです



[ヨガダイアリーお取り扱い店]
ヨガウェア、ヨガグッズの専門店 yogatown

amazonでも買えます!

All Aboutスタイルストア




[関連サイト]
yogainfo.jp

マタニティヨガDVD




[以前のヨガダイアリー]

ヨガダイアリー2009

ヨガダイアリー2010


livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加



[Sponsored Site!]FX  古本買取  ハウスクリーニング  石垣島 レンタカー 
レーシックキャッシング FX 比較